半径3メートルのラオス

ラオスでの日常や、その他のいろいろなことをブログに書いていきます。

新居の近所のワンワン

11月1日に2週間の隔離から解放されたその当日、

そのまま現在住んでいるアパートに引っ越しをしました。

 

私の職場はビエンチャンの繁華街から10キロほど離れている僻地にあり、

(東京では10キロ離れてもまだ大都会ですが、ビエンチャンではかなりの郊外になります)

以前は市街地に住んでいたんですが、朝のラッシュ時の通勤運転がストレスで仕方なかったため、

今回は職場と市街地のちょうど中間あたりのアパートに住むことにしてみました。

 

中間とはいえ、市街地に住んでいる人からすれば、

「なんでそんな場所に住んでいるの?」

と言われる程度には街から離れていて、周囲に外国人向けの店は皆無。

完全に地元密着型の居住地となりました。

 

新しいアパートは、大きな通りから一本入った、静かな住宅街の中にあります。

その住宅街には、犬を飼っている人が多くいます。

 

ラオスでは、犬を飼うと言っても、基本的に放し飼い。

リードを付けたりせず、放置しています。野良なのか飼い犬なのかも判断が難しい。

家を出ると、だいたい近所の犬たちがそのあたりをウロウロしています。

職場に行く途中に写真を撮ってみました。

f:id:danae2020:20201116222104j:plain

 

これで、「飼っている」と言える、ラオスのペット事情。

(様子がおかしいと思ったら、右の2匹は繋がっていました…)

 

この近所の犬の中に、私がいつも気になっている犬がいます。

 

ゴールデンレトリバーなんです。

 

 

ゴールデンレトリバー

 

毛並みが良くて、賢くて、アメリカやイギリスの芝生の上を元気に走り回る、

そんな光景がぴったりな、従順で人懐っこい犬。

 

そんなイメージの犬ですよね。

 

f:id:danae2020:20201116222717j:plain

そうそう、こんな感じでね。

 

僕の一番のお友達、ジョン!!みたいな感じですよ。

 

 

で、私の家の近所のレトリバーは、こちらです。

 

 

 

 

f:id:danae2020:20201116222825j:plain

 

えっ・・・・・・・・。

 

汚い・・・・・・・・・・・・・。

 

f:id:danae2020:20201116223113j:plain

 

うつろな目・・・・・・・・・。

 

そしてよだれ・・・・・・・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

この犬、いつも道端で何か漁っている様子で、

なんか、なんか。。。レトリバーなのに!!!!

と、胸がザワザワします。

 

 

賢い人間の友達、レトリバーもラオス色に染まったらこうなるんですね。

 

毎日通勤の時、あいつ今日もいるかな…とつい探してしまう私。

 

これからもレトリバー観察をしつつ、ラオス生活をエンジョイしたいと思います。

 

ちなみに、新しいアパートは広くて、とても気に入っています。

泊まりに来たい人、歓迎します。