半径3メートルのラオス

ラオスでの日常や、その他のいろいろなことをブログに書いていきます。

愉快な義理の母

お久しぶりです。

私はラオスで相変わらず元気に過ごしています。

 

ラオスで一緒に暮らそう!と言って結婚したまではいいんですが、

現在ラオスはほぼ鎖国状態で、政府関係者や国際機関職員じゃないとビザも出ませんので、

夫は東京に置いてきぼり状態です。

早くラオスに来られるようにならないかなあーと思いながら生活をしています。

 

夫に私の姓を選択してもらったり、ラオスに呼び寄せようとしたりするので、

「あんたみたいな女に振り回されて…」と私の両親は夫にかなり同情的ですが、

一方夫の両親、即ち私の義理の両親となってくださったお義父さんお義母さんは、とても懐の深い人達で、一切反対されませんでした。

私がちょっと心配になるくらい、理解のある義理の両親。私はラッキーです。

 

ラオスに来てからも、義母にはちょくちょくLINEでラオス生活の様子など話しています。

義母は、いつも必要な物があったら送るから、と言ってくれますが、

ラオスには今航空便が出ていないので、大丈夫ですよー、と答えています。

 

今年のお正月にあけましておめでとうLINEを義母に送った際、

私の両親は元気にしているか、と聞かれたので、

正月だからカニの詰め合わせをプレゼントしたら喜んでくれました。と返答。

 

すると義母が、

ラオスと日本は郵送できないと思っていたのに、できるんですね。」

と。

 

えっ。

お義母さん、カニラオスから送ったと思ったの?

ナマモノだし、万が一送れたとしても、ラオスカニ、うちの両親絶対食べない。

ってか、ラオスってメコン川しかないから、サワガニ!?

f:id:danae2020:20210314105806j:plain


 

 

と、ちょっと驚きましたが、

チャーミングな返答で愉快な気持ちにさせてくれる義母が好きです。